うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家 南魚沼市

うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家

新潟県 南魚沼市

商品数(5件

ごちレポ

[営業時間]

[定休日]

魚沼コシヒカリ発祥の地-宇津野新田-の米農家

こんにちは、うちやま農園の内山幸一です。
魚沼産コシヒカリ発祥の地である新潟県南魚沼市宇津野新田で
5代目の米農家としてお米作りに奮闘しています。
米農家に生まれ、祖父や父が米を作る姿を見て育ったので、
Uターンしてからまずは地元の米卸の会社に就職しました。

米の消費量や値段が下がる一方の現実を見て、
「自分の手で魚沼産コシヒカリを守りたい」、
「自分が栽培した魚沼産コシヒカリを直接お客様にお届けしたい」
という思いが強くなり米農家になりました。

そんな思いが強すぎて…?
自分で作った米が美味くて、高校時代から30㎏も太りました(笑)
いつでも米一袋を背負って生きています💪
皆様にも、僕くらいたくさん食べてもらいたいです。

うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家と“トーク”♪

食材の販売時期やオススメの食べ方など
生産者さんが直接教えてくれます!
応援や感想も喜ばれますよ♪

うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家 南魚沼市
うちの魅力をもっと伝えたい!

  1. うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家 南魚沼市

    魚沼コシヒカリ発祥の地 -宇津野新田-

    新潟県南魚沼市宇津野新田は、魚沼コシヒカリ発祥の地と言われています。
    味は抜群に良いが、いもち病に弱く倒伏しやすい。
    収量は丈夫な品種より2~2.5俵落ちる。
    収量が何より重視された時代、歓迎されなかった越南17号。
    これが後のコシヒカリです。
    試験栽培地の一つに、現在の宇津野新田が選ばれ、1956年誕生しました。

  2. うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家 南魚沼市

    最大の特長はポット苗栽培

    苗半作とも言われ、米づくりでの苗作りはとても大切な工程です。
    うちやま農園は、こだわりのポット苗栽培。
    一苗一苗を独立させるため、生育が揃いやすく大きな苗ができます。
    もし病気が出ても周りに拡がりづらく、種子消毒も必要ありません。
    土と一緒に肥料も敷かれているので、
    元気で青々した苗が毎年田植えを待ちます。

  3. うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家 南魚沼市

    あえて真っ白に精米していません。

    うちやま農園では、あえて真っ白に精米していません。
    ほんの気持ち程度ではありますが、
    栄養価の高いお米の胚芽を少しでも残したいからです。
    かと言って玄米っぽさは残らないのでご安心ください🙇‍♀️
    一般のお米と同じように保存・炊飯してください。

  4. うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家 南魚沼市

    少しの青が美味しくすると言われています。

    食味向上・刈り遅れによる劣化を防ぐため、
    うちやま農園では早めに稲刈りを始めています。
    そのため、まだ完熟ではない青米が混じることがあります。
    この青米は、完熟のお米より水分量が多いため、
    多少混じることで食味が良くなると言われています。

この生産者の投稿

新潟県 南魚沼市 うちやま農園 魚沼コシヒカリ発祥の地の米農家をフォローしよう!

出品情報などをいち早くお知らせします♪

この生産者の食材一覧

気になることは“トーク”しよう♪

食材の販売時期やオススメの食べ方など
生産者さんが直接教えてくれます!

“つくる人”から、お気に入り食材を発見!

つくる人を知ればもっと楽しい、もっとうれしい。産直アウルの生産者さんをPICKUP!