長野県 東御市 | 信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園

信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園 東御市

『安全・美味しい・美しい』をモットーに、自然環境にやさしいぶどう栽培を志す。

長野県東御市は浅間連山から眺める南向き斜面が広がり、日照時間が長く昼夜の寒暖差が非常に大きいため、この地域のぶどうの味わいの特徴として、香り高く濃い甘み深いコクが味の奥行きを作り、程よい酸味が味の輪郭を際立てます。
東御の南斜面は地温が上がりやすく、火山灰由来の黒ボク土壌は水はけが良く肥沃なため根の発達を促します。風通しが良いため、降雨後 樹の幹や枝葉がすぐ乾き病原菌の繁殖が抑えられます。
このようなことから、”安全・美味しい・美しい”ぶどうの産地として最適な場所なのです。

生産者情報

生産者名:信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園

地域: 長野県 東御市

営業時間:

定休日:

信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園 東御市

シャインマスカットとクイーンルージュ

東御のシャインマスカットは。甘味・香り・深みがワランク上、爽やかな酸味が特徴です。赤いクイーンルージュは、長野県限定の皮まで美味しいシャインマスカットを親に持つ最新品種です。

信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園 東御市

東御といえばやはり巨峰

降水量年間800mm程度と晴天率が高く、昼夜の寒暖差が非常に大きく、広大な南斜面で日当たり良く風通しが良いため、深い味わいとコク、高糖度で着色の良い大粒の巨峰が安定的に生産できる環境が東御にはあります。
昭和36年に県の「農業近代化モデル事業地区」に指定されぶどう団地が形成されました。まだ出荷もなく不安いっぱいのところ、昭和38年に皇太子殿下(元上皇陛下)がご訪問され、2度目は平成23年にたわわに実った巨峰を両陛下にご覧いただけました。

信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園 東御市

ぶどう皮ごと食べる時代

東御こもだ果樹園はの、皮ごと食べる3色ぶどうギフトセットは、フード・アクション・ニッポン アワード2020 で特別賞を受賞しました。

信州の環境にやさしい農産物 東御こもだ果樹園 東御市

信州の環境にやさしい農産物

東御こもだ果樹園のぶどうは、全て信州の環境にやさしい農産物(長野県認証)において、節減対象農薬:当地比50%以上削減、化学肥料(窒素成分):不使用、除草剤:不使用、にて栽培しています。
完熟堆肥と自然由来の腐食酸を土づくりの基本資材とし、土壌生態系循環を意識し微生物多様性と土地の自然環境の恵み最大限に引き出すよう栽培を心がけています。