くじらのペンギンハウス 岸和田市

くじらのペンギンハウス

大阪府 岸和田市

商品数(0件

ごちレポ

[営業時間]

[定休日]

食と人の架け橋

住み家をなくしたペンギンがくじらの上で生活をしていた。

 そんなあってはならない事を実現させないために

  くじらのペンギンハウスは生まれました。

次世代の農業を担う若手農業者として、

農産物を成長させるだけではなく、

お客様と、未来ある若者たちの大切な心と身体も育みます。

くじらのペンギンハウスと“トーク”♪

食材の販売時期やオススメの食べ方など
生産者さんが直接教えてくれます!
応援や感想も喜ばれますよ♪

くじらのペンギンハウス 岸和田市
うちの魅力をもっと伝えたい!

  1. くじらのペンギンハウス 岸和田市

    都市農業の立地を活かしお客様目線で栽培!

    普段畑に入ったことのないお客様。

    大阪の農場に、関西各地から多くの農業体験者が訪れます。

    まず、驚かれることは、大阪にも畑があるんだと言うこと。

    消費者として、普段どの様に野菜が育っているかを実体験出来る農場です。

    実際に、畑に入って、土を耕してみたり、堆肥をまいてみたり、種まきしてみたり、苗を植え付けたり、
    草引きしたり、丹精込めて育てた野菜を収穫したり。

    休憩時間には、若手農家さんと日本の農業について語り合い、農家さんからプレゼントされる、おやつやお弁当を楽しく食べてもらっています。

    コンセプトは、食と人の架け橋
    江戸時代の様に9割の人が農業を営んでいた時代は、自分達が食べているものがどのように作られているかみんな知っていました。

    しかし、現在は、農業従事者は数%で60歳以上の割が80%をしめており、自分達が食べているものがどの様にして作られているかわからない状態です。

    農家にならなくても良い。

    食べ物を自作しなくてもよい。

    でも、私たちが生きていくために必要な食べ物の事について、考えてみませんか?

    くじらのペンギンハウスでは、お客様の心と身体も育てています。

  2. くじらのペンギンハウス 岸和田市

    環境保全活動

    プラスチックゴミの増加が世界中で問題になっております。

    農業栽培の現場でも、プラスチック資材の利用は数多くありますが、くじらのペンギンハウスでは、

    草除け用のマルチシートを石油から生成されるビニールシートから、カーボン(炭)を材料とした自然にやさしい光分解マルチに変更します。

    天然素材であるカーボン(炭)は、紫外線や土中の微生物によって分解され、最終的に水と二酸化炭素に変化します。

    光分解マルチ資材は高額になりますが地球に優しい資材であり、石油から作られるわけではないので、自然に優しい資材です。

    くじらのペンギンハウスでは、出来るところからこつこつと、地球に優しい栽培をこころがけていきます。

  3. くじらのペンギンハウス 岸和田市

    農福連携事業

    くじらのペンギンハウスでは生産された農産物のほとんどは、個別包装されて大阪府内の直売所や、関西近辺のスーパーの直売コーナーに出荷されます。

    一部の農産物については、地域の福祉作業所様と連携し、バーコードシールなどの貼り付けや、ピッキング・振り分け作業を委託しています。

    まだまだ、一部の小さな動きですが、これからも社会に貢献できる農園でありたいと考えています。

    (くじらのペンギンハウスでは、この農福連携事業において国や地方公共団体等から税金等による補助金等は一切受け取っていません。)

この生産者の食材一覧

ただいま販売中の商品はありません

気になることは“トーク”しよう♪

食材の販売時期やオススメの食べ方など
生産者さんが直接教えてくれます!

“つくる人”から、お気に入り食材を発見!

つくる人を知ればもっと楽しい、もっとうれしい。産直アウルの生産者さんをPICKUP!